床張替え

MENU

床の張替えのおすすめの業者は?

床の張替えを考えた時、「床の張替えリフォームっていくらぐらいかかるの?」「床の張替えリフォームの適正価格を知りたい!」「悪徳業者とは一切関わりたくない!」

 

こういった方が大半を占めると思います。

 

その中でも

 

「すぐに複数の床の張替えリフォーム業者と交渉したい!」

 

あるいは、

 

「匿名でとりあえず床の張替えリフォーム業者の概算価格を知りたい!」

 

という方がいらっしゃるとおもいます。

 

どちらの方でも無料で活用できるリフォーム業者の一括見積もりサービスをご紹介します。ぜひご自身に合ったサービスを活用してみてください。

 

また、できるだけ沢山の床の張替えリフォーム業者の料金を比較したい方は、両方のサービスに登録すると、より効率的に比較検討できるのでおすすめです。

 

匿名で概算を知りたい 今スグ交渉したい!!

リノコ相場
→完全無料で10秒入力

リショップナビ一括見積り
→完全無料で30秒入力

床張替えのポイント

床張替え料金

 

床張替えを行なう場合、複数の床材から用途に合ったものを選ぶことになります。主な床材はフローリング、カーペット、畳、クッションフロアです。この中にあるクッションフロアは塩化ビニルでできており、石目調や木目調のものがあり濃さにも種類があります。様々な機能を持たせることができるため、同じクッションでも場所によって色味を変えることも可能です。安く設置できる点も評価が高く、手入れもしやすい点が何かと子供が汚そうとする子育て世代にも好評です。

 

実際に床張替えを行うポイントは部屋の用途に合わせることです。例えば水回りにおいて、カーペットも畳も当然ながら適していないことがわかります。水回りにはクッションフロアを用いて水をこぼしても拭けば大丈夫な形にしておけば安心です。一方でクッションフロアの弱点は跡が残りやすい部分です。重い物を置けばその分跡がついてしまいます。ベッドや家具などを置く場所はフローリングなどにして跡がつきにくいようにするのもおすすめです。和室を設けたい人であればそこに畳を敷けばよく、明確な用途を検討しておくことが重要です。

 

また将来的なことを考えてタイルカーペットを用いるケースもあります。これなら汚してしまったとしてもその部分を張り替えるだけで十分です。子供が大きくなれば別の床材を使用する場合でも応用がききやすいという特長もあります。ピアノなどを練習する際には遮音性も期待できるため、子供がいる家庭を中心に検討することが大事です。高齢者が長くいる部屋には畳を用いるなど家族構成やバリアフリーに向けた対策なども床の張替えの段階で計画しておくと、より効率的に行えます。それぞれの床材には個性があり、メリットやデメリット、値段の違いもあります。トータルでコーディネートしていくことも大事であり、手元にある家具に合わせたり居住空間に統一感を持たせたりする際にも慎重に検討することが必要です。業者とそのあたりは話し合いを繰り返しますが、家族の意見を最大限に尊重して決定していくことが求められます。

アートな床をフロアコーティングで守る

床張替え費用

 

注文住宅を建てる楽しみというのは、自分の好きなようにデザインすることができるところです。賃貸では難しく、自宅にこだわりがある人にとっては、細部まで自分自身で決められるというのは魅力が大きく、ちょっぴり無理をしても納得できる家づくりをしていくことが多くなります。この時に住み心地はもちろんですが、デザイン性にこだわる場合があり、外観だけではなく床にも気遣う場合があるかもしれません。

 

最近になって人気が出ているアートタイプのがありますが、こちらは見た目はとても美しいですが、細かな細工が施してあるので強度には欠けることがあります。飾って眺めるわけではなく、床なので上を歩くことが自然となり、ガードを考える必要が出てくるはずです。そういった時に役立つのがフロアコーティングで、素材はガラスやシリコン・水溶ウレタンなど多数ありますが、目的は床を傷や汚れから守るもので、新築の美しさがそのまま持続されます。もちろんアート系の床にも効果的で、フロアコーティングをすることで傷がつきにくくなりますし、色褪せも防止することができるのは魅力的です。強靭な被膜によって耐久性が上がるので、いつまでも綺麗な状態が続いてくれます。気になるのはコーティングすることで滑りやすくなるといった部分ですが、ノンスリップとなっているので、子供からお年寄りまで安全で快適に過ごすことが可能です。耐水性も備わるので水やお茶・ジュースをこぼした時でも安心ですし、水拭きで掃除ができますし、光沢が増して艶を出すこともできる

 

ので美しさがアップします。ワックスのように定期的な塗り直しの必要がないのでメンテナンスが楽になり、抗菌性もあるので清潔な空間となります。さまざまな魅力があるので、アートな床など傷付きやすく美しさを維持したい場所には、フロアコーティングをするのがおすすめです。素材に関してはしっかりと相談して、最適なものを見つけ出してください。

 

床張替えの段取り

床張替え工事

 

長い間フローリングで過ごしていると、傷や汚れが目立ちだします。特に重い椅子を引きずってしまったり、食べ物をこぼしてカビが生えてしまったり経年劣化は避けられません。一般的には15年から20年ほど経つと症状がひどく現れ、床張替えの時期だと言われています。そういった場合には心機一転してピカピカにするのも一つの選択肢です。ここでは床張替えの段取りについてみていきます。

 

床張替えには大きく分けて「床を剥がして新しくする方法」と「床の上から重ね張りする方法」があります。床を剥がすためには、それだけの工事が必要となるため費用もかさみます。重ね張りではそのまま上から床を重ねて行くため、工期も短く安価にリフォームできる利点があります。ただし、張替え後の元あった床が原因となって沈んだり、きしみを生じさせたりするケースもあるため工務店などにきちんと確認する必要があるでしょう。

 

どちらの段取りであっても、まずは床下の構造がどのようになっているのかを確認する必要があります。モルタルの上に直接床が貼ってある「直張り工法」なのか、合板の上に床を重ねる「二重床工法」かによって下地の処理方法が変わってくるからです。分からない場合には、家を建ててくれた建築会社に確認しましょう。
直張り工法の場合は接着剤で固定されていますので、まずは下地を剥がす処理が必要です。オフィスなどのカーペットでは直接モルタルに張られていることがほとんどですので、そこから接着剤で貼っていくだけです。フローリングの場合は、継ぎ目にバールなどを打ち込んで外していきます。釘はバールやペンチで取り去り、残った接着剤もこそぎ落としていきます。下地がきれいになったら接着剤を塗り直し、後はお好みの床を貼っていくだけです。タイルを貼る場合のポイントは、部屋の長さに合わせて板を揃えていくことです。材料を無駄なく使用できますし、部屋を広く見せる視覚的な効果もあります。床を張り替える場合はシンプルなものですので手間暇かければDIYすることも可能ですが、重ね張りでは下地との兼ね合いやデコボコになるなど調整が難しいです。一度プロに相談するのが良いでしょう。

リフォーム工事が新築工事と違うポイント

床張替え料金

 

リフォームと新築の、それぞれにあるメリットやデメリットをご紹介していきます。リフォームとなると、今現在ある建物を基礎にして改築工事を行うため価格としては低価格でできるというメリットがあります。その構造上では、希望通りの間取りに改築できないケースもでてきます。愛着のある家をそのまま再利用することで、エコにもつながり親しみが残った家で暮らし続けることができます。しかしどの程度の工事が必要になるのかは、元の家の状態にもよりますので、それにより価格も変わってくる可能性があります。水周りのコンディションも物件によって違いが大きくなります。中古物件などを購入してリフォームする場合では、広さや立地などでよりよい条件のものを、新築よりもリーズナブルなものが期待できます。

 

リフォームには、細かい部分だけを改築するケースと「スケルトンリフォーム」というプランもあります。これは現在ある家を骨組みだけ残して、あとはすべてリフォームするという方法です。完成した見た目は、新築とほぼ変わりない出来栄えになり、内装も新築同様になります。こちらでも価格は新築よりも低価格になるケースが多くなっています。家の配置から水周りなど、すべてを新しく変えたい方は、建て替えがおすすめになります。

 

そして新築になると、土台からすべてを新しく設計することができるため、希望どおりの家を建てることができます。建築制限などがある場合もありますが、敷地内に自由に建物を配置することができ庭や植栽なども新たに決めることができます。リフォームと違い材料などもすべて1から費用が発生するため、総額になるとそれなりの額になると考えられます。
新築住宅においては、設計上の確認申請や完了した後の検査と検査済証の交付が義務になっています。チェック体制が万全のものとなっているため、安全で安心という点があります。まず自分がどんな家に住みたいのか、そして予算と合わせてゆっくりじっくり考えてみることが大切です。

リフォーム工事の補助金制度について

床張替え業者見積もり

 

いざ自宅をリフォームしたいと思っても費用がネックとなって踏み出せない人もいます。しかし、地方自治体が補助金や助成金をリフォームする人に対して交付していることをご存知でしょうか。全てを対象としてものではありませんが、検討している人には貴重な制度と言えるでしょう。リフォーム工事の補助金制度とは、規定に沿ったリフォームを行うと国や自治体から補助金が交付される制度です。対象となるのは大きく分けると「耐震」「バリアフリー」「省エネルギー」の3つです。ただ、地域によってはこれ以外の一般的なものでも支援を行っていることもあります。一度、各自治体に確認するのが得策です。

 

補助金制度対象の具体的な内容は、太陽光発電・エコファーム・省エネルギー・耐震・バリアフリー・ゼロエネルギー住宅などです。さらに、それぞれに対して国と地方から補助金があるかどうか、またその金額についても異なります。太陽光発電と耐震を目的としたリフォームを行う場合は併用して申請できるケースがあり、補助金の合計金額が数十万円から数百万円の額にのぼることもあります。上記のような特殊なリフォームでないと補助金が受け取れないのかというと、必ずしもそうではありません。一定の条件を満たせばリビングやダイニングなどの一般的なものでも対象となることがあります。地域復興を目的として、自治体内の資源を活用したいという願いと経済活性化を理由に地元の施工会社に限定している場合も多いため、発注前に確認しておくと良いでしょう。

 

補助金制度だけでもありがたいものですが、リフォームでは税金の減額や非課税措置が受けられる場合があります。税金面での優遇措置がなされるなど国や地方にとっても推奨されているのです。補助金制度は各自治体や施工内容によっても金額や対応も様々ですので、実際にいくらの補助金が出るのかを算出するのは難しいこともあります。地元の工務店やリフォーム会社に相談するのがおすすめです。